投資

内需総崩れ,株価暴落,円暴騰,コロナショック,それでも我々は安泰だ!!

投稿日:

・この記事における我々とは、若者を指します。もっとはっきりと言うならば、18歳~40歳といったところでしょう。
・この記事における投資とは、あくまでも中長期の株式取引を指します。短期売買、仮想通貨、為替取引は、投機になります。
・この記事は、TAKUMIの勝手な、自説です。
・最終的な判断は、あなたの自己責任です。

2020年3月9日 この1日だけで、1週間くらいのイベントがあったのではないかと言うくらい、騒がしい日でした。

OPECの交渉決裂による、価格戦争、原油価格の暴落。
1ドルは101円台の暴落。円の暴騰、クロス円は急落。
日本円は20000円割れ。
コロナは拡大の一途。
等々、もろもろ、etc.

消費税増税の反動は、GDPのマイナス成長に大きく反映され、『内需総崩れ』と言う言葉がトレンド入り。
さらに、コロナの拡大により、個人消費はさらに冷え込むでしょう。
1月~3月期のGDPもひどい事になるでしょう。

国内の株式も、24000円台から、わずか2週間で20000円割れ。

輸出国であった日本にとって、数少ない支えだった、円安相場は、3年ぶりの円高。
101円台を割る寸前でした。

麻生財務大臣は、為替介入に関しては、コメントはしませんでした。
為替介入の際は、毎回アメリカを許可を取ってから行っていますが、トランプさんが『Yes』と言うかは、わかりませんね。
仮に為替介入をしたところで、一時しのぎでしょう。

各国は、景気対策(副次的に、新興国通貨支援)で金融緩和を行っています。
すでに市場は、FRBの大幅な利下げを織り込んでおり、0.00-0.25%が織り込めれつつあります。
これが現実となれば、さらなる円高も免れません。

日銀のさらなる金融緩和により、金利マイナス0.3%、ETFの買い付け額の増額も、十分にありえます。
現状において、大義名分は十分です。いつでもやれます。
しかし、副作用も大きく、長引けば、銀行、地銀に大ダメージとなります。
また、政策の手詰まり、好材料の出し尽くしと思われれば、円高を止める事はできません。
タイミングとインパクトが重要です。

とはいえ、円安になったしても、世界経済の停滞下においては、輸出量も伸びないでしょう。
売っても利益が無い円高。売りたくても売れない円安。
増税、コロナで内需も壊滅的。

さてはて、どういたしましょう?

結局、コロナがどうにかならなければ、どうにもなりません。
一連のコロナショックは、いつ収束するのか?
誰にもわかりません。

来月か?夏か?来年か?もっと先か?
あ、忘れてはいけませんが、米中貿易摩擦とか、問題は山積みですよ。

そろそろタイトル回収です。
我々は安泰です!!

我々とは若者の事です。
世界では今まで、何度も何度も大恐慌を起こしています。

ウォール街大暴落,ニクソンショック,ブラックマンデー,日本バブル崩壊,アジア通貨危機,ITバブル崩壊,ライブドアショック,リーマンショック。

そのたび、長い時間をかけて、回復と成長を繰り返してきました。
晴れ続ける事はない。止まない雨もない。

今回のコロナショックが、リーマンショックを超えるものだとしても、我々には、それの収束、回復、さらなる成長を見届けるだけの時間が十二分にあります。

私は、日本株、米国株、アセアン株を保有していますが、いずれも売却は行っていません。
むしろ少しずつ、増資をしています(日本株に関しては現状維持ですが)。
ある意味においては、バーゲンセールに近いですからね(笑)。
まぁ、まだ底は見えませんが、20代,30代ですよ。3年でも5年でも待ちましょう!!

コロナショックにおける、世界恐慌は、選定という意味においても都合が良いです。
リーマンショックを絶えた、リーマンショックでも減配しなかった。
これは今現在でも、長期保有者の、心理的な支えになっています。
リーマンショック後に上場した会社の、力を試す、いい機会です。
また、リーマンショックを耐えて、かつ、コロナも耐えたとなれば、長期保有者には、この上ない安心感です。

米株には、増配を何十年も続けた会社も多く、リーマンショックでも、減配しなかった会社は多いです(日本株は数えられる程しかいません)。
株価急落下において、利回りがどんどん上がっています(配当があるから良いという訳ではありませんが)。
米国株の立て直しも早いので、気づいた頃には、何事も無かったかのように、最高値を更新していそうです。

参考までに、Twitterの個人投資家さんの、ツイートは埋め込みます。


最後に我々にできる事。
少しでも日本円を売って、経済に貢献する事です。

<スポンサードリンク>






 

<スポンサードリンク>

-投資
-,

Copyright© 雑多な私の備忘録日記 , 2020 All Rights Reserved.