エッセー 備忘録 投資

最近、ブログの問い合わせに、色々送られてくる。

投稿日:2020年1月19日 更新日:

最近......というか、とある記事を公開してからなのですが、色々な問い合わせがくるようになりました。
問い合わせというか、紹介や協業がほとんどですが......。

その記事の投稿前までは、週2くらいで、スパムが来ていました。
その記事の投稿後、スパム以外に、協業や紹介依頼の問い合わせが来るようになりました。
そして、現在は、日に3,4件のスパムが来ます。

全体のPV数は、その記事の投稿前によりも少ない為、投稿した記事のジャンルによって、こういったスパムは左右されますね。

しかしながら、紹介や協業の中には、興味深かったり、おもしろそうなのものも多く、見ていて楽しいんですよね。
初めて知った。こんなものがあるんだ。世の中広いな。と言った色々な発見があります。

その中から、今回、いくつか紹介いたします。
当然ですが、世の中には沢山の悪質な、メッセージが溢れています。
この私の記事で紹介したものも必ずしも、安全とは言えません。
最終的には、私も含めて、あなた方の自己責任です。

CBD-Seller.net

最初に紹介するは、『CBD-Seller.net』さんから送られてきた紹介依頼です。

まず、CBDとは、カンナビジオールの略称です。
麻の主成分のひとつで、様々な薬理効果や効能を持つ天然化合物として、世界的に大注目されている成分です。
WHO(世界保険機関)でもCBDの安全性や効能について公式に見解を示しています。
現在ではジャスティン・ビーバーやジェニファー・アニストンなど、多くのハリウッドスターもCBDを愛用するなど、日本国内でも少しずつ認知度が上がって来ております。

CBDには精神作用が無く、依存性、耐性等はありません。

また日本の法律の大麻取締法においても、“大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く)並びに大麻草の種子及びその製品を除く”となっています。
成熟した大麻草の茎と種子から摂れるCBDは、法律に違反しません。

現在のCBDの使用者は、ナチュラル健康志向の方が多いようです。

現在、世界中で多くの機関や施設で研究が進められています。
今後、効果や効能が解明されれば、より知名度を高め、多くの方に利用されるかもしれません。

既に、2018年からWADA(世界アンチドーピング機関)が CBD を禁止リストから除外してから、プロのスポーツ選手が、激しいトレーニングのアフターケアとしてもりようしていたりします。

『CBD-Seller.net』さんは、CBDを専門とした通販サイトとなります。
一般向けだけでなく、バイヤーや小売店向けの卸売販売もしています。
現在3つのブランド(VAPEN,Cura,Flav)を取り扱っており、VAPEのリキッドやサプリメント、軟膏など、多様な商品を取り扱っています。

個人的に興味はあったのですが、少々、値段が高く、現在は買う予定はありません。

興味がありましたら、『CBD-Seller.net』さんのホームページをご覧ください。
https://cbd-seller.net/

TGR LAND PROJECT

TGR LAND PROJECTはバーチャル上に『TGR LAND』という、次世代型のプラットフォームを構築、運営するプロジェクトです。
ユーザーはあらゆる場所からTGR LANDへアクセスして、現実社会と変わらない生活や活動をすることができます。

アクセス方法は現在、3つの方法を構想しています。
・街中に張り巡らされたQRコード
・TGR LAND専用の端末機
・VR

ユーザーは『TGR LAND』で住民票を取得し、『TGR LAND』内に誕生した企業にに就職し、『TGR LAND』で出会った方と結婚する。

そこに住むこともできます。
いつでもどこでも行くことが出来るバーチャルアミューズメントとしても利用できます。
そして買い物もできる。
コミュニティーとしても利用できる。

と言った、本当にもう一つの世界を構築しようとするプロジェクトです。
『TGR LAND』があれば、人の“ゆりかごから墓場まで”を実現することが可能です。


ここまで来ると本当に、SFやアニメのような話ですね!
まさかこのようなものまで、問い合わせに来るとは驚きです。
ホームページを見るだけでも、結構面白いです。
https://tgrland.club/front/project1-lp/

現在は株主の募集を終えて、ゴールドサポンサーの募集を行っています。
ゴールドサポンサーの募集を終えてら、参画企業の募集を行い、その後にオープンを予定しているようです。
また、2020年3月からは、アミューズメントの一部をオープンするようです。

規模あまりに大きく、個人的に好奇心がとても煽られていますが、運営会社は『JTS Consulting』という韓国の会社なのですが、これ以外の情報が少なく、計画だけで終わらないか、個人的に心配ですね。
しかしながら、実現すればとても素晴らしい事であり、多くの人の夢のような世界となるでしょう。

Venus Coin Project

個人的に私が、ぞっこんしているプロジェクトです。
実はこちらも、ブログの問い合わせで知ったのです。

このプロジェクトは性風俗産業に存在する、多くの課題を、ブロックチェーン技術や仮想通貨を使用して、解決すると言ったプロジェクトです。

多くの課題と言うのは、賃金未払いや、ぼったくり、税金の未納、等です。
性風俗産業は年間で30兆円も動くと言われています。しかし業種の特性上、キャッシュレス化が難しく、97%が現金と言われています。
データが残らず、正確な数字がわかりません。
実際には、年間100兆円ともいわれており、税金の納付率は2%以下とも言われています。

既に私のブログで何度か取り上げていますので、こちらもご覧ください。

公式ホームページやブログ、白書など、情報量が多いです。

このプロジェクトを通し、私は、この業界にはびこる問題を知ることが出来ました。
このプロジェクトの成功は世に大きな影響を与えます。
是非ともこのプロジェクトの成功を祈っています。

公式サイト:https://www.venuscoin.ge/
公式ブログ:https://ameblo.jp/venus-coin-project/

HCARD

HCARDは暗号通貨デビットカード(仮想通貨デビットカード)です。
暗号通貨と言うと『売買』『マイニング』『ICO』のイメージが強いと思いますが、暗号通貨デビットカードは『決済』が可能になります。

既に暗号資産デビットカードは多数存在しており、『VISA』と『Master』が発行しており、普段の買い物や、通貨の引き出しもできます(アメリカドル)。

このHCARDですが、他のカードに比べると発行手数料が高いんです。
主要の暗号通貨の他、一部の話題の暗号通貨も決済、換金が可能です。

しかしながらやはり、こちらも情報が少ないです。

HCARD ホームページへ

私も仮想通貨は少し持っていますが、発行はしないですね。

なんだかんだで、関わらないが一番かも?

私は興味本位で色々と見ます。
その中で、『Venus Coin Project』のような、強い興味を示すようなものもありますが、情報が少なかったり、よくわからない、メッセージも多いです。

そもそも、問い合わせなのに、いまだに、まともな問い合わせが一つも来ていません(笑)。
恐らくこの記事によってさらに、増えそうです。


この記事で色々と取り上げましたが、関わらないのが、ある意味一番安全なのでしょう。

それでも私は、興味本位で色々と見てしまいますが。
初めて知った事柄も多いのですし。

皆さんをお気を付けてください。

私もあなたも、自己責任です。

-エッセー, 備忘録, 投資
-,

Copyright© 雑多な私の備忘録日記 , 2020 All Rights Reserved.