エッセー 備忘録 投資

性風俗産業、アダルト業界への投資は、やはり仮想通貨か。

投稿日:2019年12月30日 更新日:

成人向けと言えば聞こえは良いですが、フーゾク、アダルト業界、セックスワーク、等呼称色々ありますが、つまるところ、性、エロを主体とした事業です。

表に見えないだけで、至る所にフーゾク店はあり、さまざまAVが撮影されます。アダルトサイトは、インターネット上の、12%を占めます。
世界中の1日の検索の25%は、アダルト画像関係です。
アダルトビデオの課金・鑑賞は年間約9000億円分。
そして、アダルト産業は、全世界で1年に100兆円が動きます。

あらゆる産業の中で、ここまで欲と金が直結したものはありません。

少なからず、“エロ”や“風俗”への投資を考えた人もいるはずです。

結論から言うと、株式市場に“エロ”コンテンツはありません。
上場を申請する会社の事業目的や事業内容が、公序良俗や法律に反する場合や、その恐れがある場合、上場は認められない、というルールがあり、成人向けコンテンツを扱う会社は上場できません。

株式投資

株式投資では“エロ”はダメだとさっき言いましたが、間接的な投資は可能です。

メディア事業の拡大やWebサイトを運営している【イード】(6038,東マ)は、グラビアアイドルのVR映像コンテンツ「トキメキメテオ」の配信を行っています。
これに対し、業績の寄与への期待から、株価が上昇しました(VR銘柄としての再注目からの買いとも言われています)。

近年、VR関連は急速な成長と拡大を続けています。
それに伴い、AVとVRを融合させたアダルトVRもネットでよく見かけます(専らDMMですね、DMMは上場しておりません)。
VRを視聴するには、ヘッドマウンドディスプレイや、ゴーグル型のディスプレイ等を使用しますが、大手のメーカーとしては、
・ジャパンディスプレイ(6740,東1)
・ソニー(6758,東1)
・大日本印刷(7912,東1)
等でしょうか。
いずれも、VR以外の事業展開が大規模ゆえに、影響は限定的でしょうね。


話は変わりますが、日本では成人向けコンテンツを手掛ける会社は基本的に上場できませんが、お隣、中国ではラブドール(ダッチワイフ)の製造販売を手掛ける『EXDOLL社』が2017年8月に上場いたしました。
ラブドール業界では、世界初の株式上場です。
ただし、上場先が中国のベンチャー企業株式市場“新三板”という取引所で、マイナーな為、日本の証券会社では取引できません(私の調べた限り......)。

この会社はAIを搭載したラブドールも開発しており、会話等も可能なようです。

とはいえ、どんなに高性能だろうが、やはり最重要なのは、その質感でなかろうか。

シリコンやエラストマー、人工皮膚を取り扱う会社が関連で取り上げられる可能性はあります。
・グンゼ(3002,東1)
・朝日ラバー(5162,JQ)
等でしょうか。

やはりこちらも、使用用途が広い為、影響は限定的かと思います。

そういえば、日本にラブドール専門の風俗店がありますが、近年、ラブドールを用いた風俗店やホテルが、世界各国で人気を博しています。

Angelium

Angeliumは最近、大きな話題となっている仮想通貨です。

Angliumは現在のアダルト業界、特に、AV業界の発展と問題解決を目指したプロジェクトです。

AV業界は、海賊版コンテンツや違法アップロードによる収益の減少(累計70兆円の被害)に悩まされています。
企業だけでは、海賊版の完全撲滅は難しく、時間も費用も掛かり、放置される事が多いです。
結局企業は、製作費を削り、出演者の給与も減少し、業界全体の衰退になりかねません。
また、海賊版はユーザーにも悪影響があり、個人情報の抜き取りや、偽サイトへの誘導、詐欺などの被害にあう事もあります(海賊版を見ようとする事ももんだいですが......)。

いずれにせよ、百害あって一利なし。

そういえば、AV市場はアジアが特に大きく、日本・中国・香港が世界TOP3を占めており、日本だけで世界の40%前後、上位3か国で75%前後を占めます。
そして、中国・韓国は規制などの問題で、国産のAVは少なく、流通しているAVは日本のものが多いです。

結局、AV市場の問題の、最大の被害者は日本とも言えます。

Angeliumは、そういった問題の解決を目指したプロジェクトです。

Angeliumは、独自のブロックチェーン技術を活用してコンテンツ配信することにより、改ざんやコピーを困難にします。
支払いも暗号通貨にして、個人情報の保護を強化できます。

大きな市場にも関わらず、市場の特異性から、外部参入がほとんど無い為、このプロジェクトには大きな可能性があります。
また市場の問題も深刻ゆえに、私はこのプロジェクトに賛同しております。


現在、独自の仮想通貨のANXを発行しており、購入や交換が可能です。
配当ウォレットを提供しています。
月利に換算すると12%と高配当であり、大きな注目を集めています。

登録はこちら


日本語に対応していないのですが、登録は簡単です。

当初、AngeliumはVRとAVの融合にも力も入れていましたが、現在は分野を拡大して、ブロックチェーンで繋がれた全ての事象を、VR化する計画もあります。

Angeliumには多くの方面の著名人も賛同しており、ホリエモンこと堀江貴文氏や、阪神タイガースの糸井選手が応援メッセージを寄せています。
そしてAngeliumの高い技術に、なんとマレーシア政府と、共同プロジェクトを行う事も決定しました。

既に多くのAV女優との契約をしており、着実に計画通り、プロジェクトを進めています。

Venus Coin

こちらも仮想通貨を用いたプロジェクトで、Venus Coin Projectと言います。

このプロジェクトは、世界のナイトエンターテイメント市場(バー、キャバクラ、ナイトクラブ、性風俗など)でのペイメントシステムを構築し、料金の支払い、給与の支払い、広告費の支払い、納税に至るまでをワンストップで行える仕組みを目指しています。
独自の仮想通貨、『Venus Coin』を使用し、安全な決済を行います。 そしてこのプロジェクトの凄いのは、ペイメントシステムだけでない事です。

・世界中のキャバクラ、ナイトクラブ、風俗店の検索、事前予約システム
・キャバクラ、ナイトクラブ、風俗店の専門の求人サイト
・世界中に対応したコールセンター
・独自のマッチングアプリ
・売上管理システム
・キャストのセカンドワーク支援
・医師、弁護士、会計士をつなぐプラットフォーム
既に、構築されているものもありますが、公表しているだけで、これだけのシステムを構築を計画しています。
裏を返せば、大きな市場規模に関わらず、こういった事が整備されていないとも言えます。 業界そのものの健全化、関わる全ての人の支援を目指しています。

会社名:CryptoLive OU
公式ホームページ:https://cryptolive.ge/
Venus Coin公式サイト:https://venuscoin.ge/
白書:https://www.venuscoin.ge/wp-content/uploads/2019/03/vc_whitepaper_en1.1.pdf
公式ブログ:http://https://ameblo.jp/venus-coin-project/
より詳しい情報は、上記のページよりご確認ください。 Venus Coinはまだ上場していませんが、2020年4月に、世界5位の仮想通貨取引所、Coin Beneに上場予定です。
その他の取引所や、デビットカードのHCARDとの連携も予定しています。

上場時のVenus Coinの価格は1vnc当たり10円ですが、規模を拡大し、1vnc当たり10000円~15000円を目指しています。
現在、プレセールで1vncを5円で購入することが出来ます。
プレセールは終了しました


こちらで購入することが出来ます。


外部サイトに移動しますが、右上に言語選択バーがあるので、日本語を選択してください。
購入はビットコインかイーサムアムです。
支払いアドレスと受け取りアドレスの打ち間違いには気を付けてください。
受け取りには、Venus Walletが必要です。
IOS:https://itunes.apple.com/us/app/venus-wallet/id1447838722?l=ja
Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=ge.cryptolive.venuswallet

Venus Coinの公式Lineでお友達申請をすると、最新の情報が送信される他、質問にも答えてくださいます。
また、「Venus Walletをダウンロードしました」と送信すれば、1000円分のエアドロップも貰えます。この機会にどうぞ。
@514zrjrz

2020年より、高配当、元本保証の、出資プログラムを発表しました。


Venus Coin Projectについては、別の記事を書いています。

最終的な目標は健全化

何かと、投資が、お金が、という話があると、“無条件”で悪という人がいますが、お金は使ってこそ、価値あるものであり、お金が回る事で経済が発展します。
そもそも、経済のほぼ全ては、投資で成り立っています。

今回は、性産業・アダルト産業の投資について、書きましたが、それらを何と言われようと、そこには沢山の人が関わっています。
が、金が、悪が、なんて一つの言葉のイメージでしか語らない為、いつも本質が見落とされます。

AngeliumもVenus Coin Project もどちらも、アダルト業界の問題点を解決するためのプラットフォームを構想しており、大きなビジネスチャンスであると同時に、すぐにでも是正が必要な、大きな課題です。

これらのプロジェクトへの投資は、大きなリターンを得る事が可能であると同時に、困っている多くの人を助ける行動でもあります。

これを見てくださった人には、今一度、吟味してもらいたいと思います。

最後まで見ていただきありがとうございました。

-エッセー, 備忘録, 投資
-, , ,

Copyright© 雑多な私の備忘録日記 , 2020 All Rights Reserved.