グルメ 備忘録

飽きずにいられるワンダーランド。『スターバックス リザーブ ロースタリー』に行きました。

投稿日:2019年3月2日 更新日:

東京都目黒区中目黒にオープンしました『スターバックス リザーブ ロースタリー』に行ってきました。

2019年2月28日に日本初、世界で5店舗目として、メディアでも大きく取り上げられた為、知っている人も多いかと思います。

私は3月2日に訪れました。飽きる事なく、ずっといられる空間でした。
さすが、コーヒーのワンダーランド。


店内の様子・1階

店舗は4階建てで、各階のフロアごとに、コンセプトが違います。

1階の『STARBUCKS REAERVE』はコーヒーをメインとしています。
メインバー、メインロースター、プリンチ、小売店、スコーピングバー、があります。

・メインバー
 コーヒーマスターが、お客一人一人に合ったおすすめの一杯を作ってくれます。様々な抽出方法から選ぶ事が出来ます。


・メインロースター
 メディアでも、映ることが多い、巨大な焙煎機があります。
 焙煎器でコーヒー豆を焙煎し、1階から4階まで突き抜ける銅製のキャスク内で焙煎、保管、ガス抜きを行います。そして風味を最大限まで引き上げられた豆は、主として、包装され、販売されます。


・プリンチ 
 イタリアのミラノ発の高級ベーカリー店『ミラノプリンチベーカリー』が一階に入っています。ケーキや菓子パン、サンドにスープ等を購入できます。


・スコーピングバー
 コーヒー豆を買うことが出来ます。プロのスタッフさんがコーヒー選びを手伝ってくれます。多様な豆があり、新鮮な豆をその場で詰めてくれます。

世界に5つしかない、『スターバックス リザーブ ロースタリー』の1階です。 巨大な焙煎機や、バーなどがあり、天井も煌びやかです。 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

店内の様子・2階


2階の『TEAVANA』はお茶をメインとしています。
TEAVANAバー、スコーピングバー、小売店、があります。

・TEAVANAバー
 『TEAVANA(以下、ティーバナ)』は、スターバックスが買収したお茶専門店です。お茶のプロが緑茶や抹茶、紅茶、ハーブティ、ブレンドティ等、多種多様な世界のお茶を作り提供します。


・スコーピングバー
 一階と同様に、その場でお茶の葉を購入できます。お茶のプロのアドバイスを受けながら、葉を選ぶ事が出来ます。


<広告ですよ>

<広告ですね♪>

店内の様子・3階

3階の『ARRIVIAMO』はミックスや、お酒を楽しむ事ができます。
アリビアーモバー、コールドビューバー、マイクロロースター、テラス、があります。

・アリビアーモバー
 アリミアーモバーは、STARBUCKSと、TEAVANAから、影響を受け独自の進化を遂げた、クラフトカクテルを楽しめます。コーヒーとお酒のカクテル等、様々なカクテルを楽しめます。


・マイクロロースター
 一階のメインロースターよりも二回りくらい小さなロースター(焙煎機)があります。メインロースターが主に、包装販売用なのに対し、こちらのマイクロロースターは店内の各バーでコーヒーを作るようの豆を焙煎します。

チューブを焙煎された豆が通る時に音がなり、音楽を奏でるように聞こえる為、シンフォニーチューブ(シンフォニーパイプ)と呼ばれています。


・テラス
 3階と4階にテラス席があります。目黒川沿いに店舗がある為、春になれば満開の桜を見ながらテラスでコーヒーを飲めます。



<広告ですよ>

<広告ですね♪>

店内の様子・4階


4階の『AMU INSPIRATION LOUNGE』はラウンジがあり、飲食ができる他、イベントやセミナーの開催などを行います。ラウンジの他、コーヒー豆の包装ラインとテラスがあります。

感想・まとめ

とっても楽しめました!
1階から4階まですべて違うコンセプトの為、一切飽きる事はありませんでした。

やはり1階のメインロースターは圧巻です。
普段、コーヒー豆がどのように焙煎されているのかを、見る機会はありません。
それを、目の前で見る事が出来る。それだけでも楽しむ事が出来ます。また焙煎したてのコーヒー豆を食べる事も出来ます。
焙煎士の皆さんは、とても親切でした。色々質問しましたが、全て答えてくださり、勉強になりました。

細かい所にお客を楽しませる、工夫がありました。


食事もコーヒーもとてもおいしかったです。

季節のスープ(680円)は、香辛料の芳醇な香りと、付け合わせのパンとの相性がとても良いです。
コルネッティサンド(520円)は、サクサクのパンとハムとチーズが互いに主張しながら、調和していました!

コーヒーは、バレルエイジドコールドブリューを飲みました。

コーヒー豆をウィスキーの樽で、熟成させる、芳醇なコーヒーです。
値段はなんと、1200円 Σ(・□・;)。
しかし、コーヒーの苦みに、ウィスキーの風味が相性抜群。最後までしっかりと残る香りは、価値ある1品です。

私は、開店3日目の土曜日に訪れましたが、朝早くだとすぐに入店できました。
しかし、10時をすぎたあたりから、どんどん混んでいき、入場制限がかかりました。
店舗のお隣の別館で、入場券を発券し、番号が呼ばれるのを待ちます。



店名:STARBUCKS RESERVE ROASTERY TOKYO
営業時間:7時~23時
電話番号:03-6417-0202
住所:東京都目黒区青葉台2-19-23


動画も撮りました。

https://youtu.be/LICc9CuUyOA




<スポンサードリンク>






 

<スポンサードリンク>

-グルメ, 備忘録
-,

Copyright© 雑多な私の備忘録日記 , 2020 All Rights Reserved.