一人旅

ロシア旅 ウラジオストク

2018年10月20日

2018年の4月29日から5月6日まで、一人旅でロシアに行きました。
飛行機でウラジオストクへ。

ウラジオストクで3泊。
シベリア鉄道で1泊、12時間かけて、ハバロフスクへ。
ハバロフスクで3泊しました。

<スポンサード・リンク!>
<スポンサード・リンク!>

ウラジオストク市街

ウラジオストクは東京から飛行機で約2時間。

日本から最も近いヨーロッパと言われています(地理的にはアジアですが、立派なヨーロッパです。

S7航空で行きました。S7航空はロシアのLCCです。黄緑の機体が目を引きます。備品やネクタイ等、全体的に黄緑が多いです。

LCCですが、軽食でサンドイッチが出ます。

ウラジオストク空港は市街から距離があります。

市街に行くには、バスか電車、タクシーになります。

電車は終電が早いので、気を付けてください。

空港の周りにいるタクシーは、値段が高いので気を付けてください。バス停で待っていると、運転手が「バス来ないから、タクシー乗りなと」言ってきます。タクシーに乗るときは、空港の受付でタクシーを手配してもらってください。

一日目は、ホテルに着いて、終わりました。

私が泊まったホテルは『The Gavan Hotel』です。

綺麗な部屋でスタッフさんも親切でした。私はカタゴトの英語でしたが、しっかりと聞いてくれて、親切に答えてくれました。

私は一人旅なので一人です。しかし部屋の値段が一緒だったので二人部屋にしてみました。そしたら二人部屋は、ラブホテルみたいでした(笑)。

ロシア『THE GAVAN HOTEL』の二人部屋
ロシア『THE GAVAN HOTEL』の二人部屋
ロシア『THE GAVAN HOTEL』の二人部屋

市街散策

二日目は、午前中に市内の散策を、行なっていました。あてもなく、ひたすら歩きました。

気づいた事は、ウラジオストクには銅像がたくさんあります。ロシア革命や第二次世界大戦の銅像が至る所にあります。

ウラジオストクの銅像
ウラジオストクの銅像
ウラジオストクの銅像

その中でも驚いたのが、柔道の銅像です。ウラジオストクはロシア柔道の発祥地との事です。また、初めての柔道の国際大会もウラジオストクで開催されました。

ウラジオストクの銅像
柔道発祥の地 ウラジオストク

軍事歴史博物館まで歩きました。写真を撮りながらの歩きで、2時間ほどです。

博物館の中には、入りませんでした。博物館の外にある。移動式の砲台や装甲車を見てました。

ウラジオストク 軍事博物館

そうしたら、スタッフのおじさんが「チャイニーズ?コリア?ジャパニーズ?」と声をかけてきました。「ジャパニーズ」と答えたら、「アレとアレが日本のだよ」と教えてくれました。第二次世界大戦で実際に使われていた物が、展示されています。

ウラジオストク 軍事博物館
ウラジオストク 軍事博物館

帰りはバスでウラジオストク駅まで行きました。バスはどこから乗って、どこから降りても、21ルーブル(日本で約40円)です。

日本と違い、市街の道はガタガタですっごい揺れます。すっごい揺れます。

駅から歩いて、ホテルに戻りました。 <広告です。>

トカレブスキー灯台

午後はトカレブスキー灯台に行きました。

ホテルから歩いて行きました。

こちらも2時間ほどかかりました。

最寄りバス停からは、20分程に所にあります。

トカレブスキー灯台に行くまでに、鉄塔があります。

鉄塔に行くまでの道は広いので、車が通れます。

両側が海で囲まれてます。海がとっても綺麗です。

鉄塔まではタクシーで行けます。こんな所に鉄塔がある、というのもビックリです。

ウラジオストクの鉄塔

鉄塔と灯台に間は、とても狭い道が一本、あるだけです。満潮時は道が沈んでしまうので、歩けなくなります。

ウラジオストクの鉄塔
ウラジオストクの鉄塔

私は夕方に来ましたが、夕陽と海がとても綺麗でした。(5月のウラジオストクの日の入りは20:00頃です)。

ウラジオストクの夕陽
トカレブスキー灯台

おそらく、朝焼けもとても綺麗だと思います。次来たときは、朝焼けも見てみます。

ロシアのウラジオストクの鉄塔
トカレブスキー灯台-ロシア.ウラジオストク

2018年4月30日 ロシア一人旅の2日目にウラジオストクのトカレブスキー灯台に行きました。 バスの停留場から、徒歩で30分程で鉄塔に着きます。 こんな所に鉄塔が有る事に ...

続きを見る

動画も撮ったので、是非‼

<広告です。>

カジノ、ティグレ・デ・クリスタル……タクシー怖い

ウラジオストク3日目は、ウラジオストク郊外にあるカジノリゾート『ティグレ・デ・クリスタル』に行きました。

市街からタクシーで1時間程です。

ロシアには、いわゆる、流しはありません(ほぼ、見つけたら奇跡)。

基本的には、ホテルの受付に電話で呼んでもらうようにお願いするか、専用のアプリでタクシーを呼ぶ。になります。

この場合、発着場所で料金が決まるので安心です。

最初は私もタクシーアプリをインストールしたのですが、諸事情で使えませんでした。

そして私は、ウラジオストク駅に行きました。そこには少なからず、付け待ちのタクシーがいます(流しと付け待ちの場合、料金は交渉性となります)。私は、駅からカジノまで1400ルーブルでした。

このタクシーの運転手がまた曲者のおじさんでした。

「ロシアの女は買ったか?あそこの店はいいぞ?待っててやるから今から行くかい(^^)/」と言った感じで、笑いながら話をしてました。

「ティグレ・デ・クリスタル」への道はとても険しいです。

最初の内は市街の為、家がたくさんあり、車もたくさんあります。

しかし、だんだんと木々が多くなり、車も少なくなってきます。

そして山道になり、坂が多くなります。道路も工事中等で、ガタガタだったりします。

本当にこんなところに、カジノリゾートがあるのか心配になります。

しかしそこにはちゃんとありました。

地図を見ると分かりますが、周りは何もありません。

ロシアは少し前まで、色々な所にカジノ施設がありました。しかし法改定で、カジノ特区を設立し、それ以外のカジノ施設は閉鎖となりました。2018年現在、「ティグレ・デ・クリスタル」しかカジノ施設はありませんが、将来的にはもっと数を増やすそうです。

1泊1万円を超える豪華なホテルを併設しており、おしゃれな外観、きらきらのカジノ。中は撮影禁止ですが、外観の写真を撮っておけばと後悔してます。インターネットで調べると写真がいっぱいあります。

「ティグレ・デ・クリスタル」が初めての場合は、会員証を作ります。外国人旅行者は、パスポートと入出国カードが必要になります。

それを受付に渡すと、書類に署名をして受付は終わりです。会員証のカードを渡されるので、カジノ入口のセンサーにかざすと、入れます。

カジノ内の出入りは無料です。ドリンクは無料で飲み放題です(一部例外あり)。

ブラックジャックとポーカーをやりました。トランプゲームが好きなので、とても楽しめました。

ひとしきり楽しんだ後、ドリンク飲みながら、雰囲気を楽しみました。暗い照明のバーのカウンターに座り、時間をつぶしました。

帰りはタクシーで帰りました。受付にタクシーを呼んでもらいました。行き先を聞かれるのでGoogleマップを見せました。

2、3分後、タクシーのナンバーの書かれた紙を渡されました。外にもういるとの事で、外に出ると、タクシーがありました。メーター性のタクシーで行き先もすでに把握していました。

流しや付け待ちの場合、フレンドリーな運転手が多いですが、呼んでもらったタクシーは、寡黙な人が多いです。しかし、お金を払う時に「スパシーバ(ありがとう)」というと笑ってくれます。

二日目はこれで終わりましたが、タクシーに乗った時に思ったことがあります。交渉性のタクシーに乗ると怖いです。怖いというのは、フィリピンみたいに、運転手が銃を向けて「金を出せ」と言った怖いではありません。

交渉性の為、早くても遅くても料金が一緒の為か、もの凄い速度で走ります。法定速度という概念がありません。前の車を抜かせると思ったら、対向車とスレスレで、強引に抜かします。

おまけに……ロシアの車の9割以上が日本車です。助手席が左側です。しかし、車線は日本と反対の右側車線です。その為……対向車側に助手席があります。タクシーは猛スピードで、対向車とスレスレで車を抜かします。対向車側の助手席に座ると対向車が迫ってきます。日本ではまず無いので、怖いです。 <広告です。>

ウラジオストク最終日

3日目は、夜の19時にシベリア鉄道に乗って、ハバロフスクまで行きます。

その為、夕方くらいまで時間があります。

ホテルはこの日がチェックアウトの為、チェックアウトした後に、大きな荷物をホテルに預けて市街へ。

市街の広場に行って写真を撮りました。

少し曇ってはいましたが、ヨッローパの雰囲気が感じられました。

ウラジオストクの広場
ウラジオストクの広場

ひとしきり見た後、時間も頃合いだったので、荷物を取りに、ホテルへ戻りました。

その後ウラジオストク駅へ。

駅で電車を待っていたら、日本人の旅行者と旅人さんに出会いました。色々話をしていたら、あっという間に時間になってしまいました。二人は一日遅れで、ハバロフスクに来るという事で、連絡先を交換しました。二人がついたら合流する約束をしました。

<スポンサード・リンク!>

Twitterでエゴサーチ

備忘録

2021/1/3

Twitterで自分の『サイト』や『動画』をエゴサーチする方法。

『瞬間的な拡散力』において、未だTwitterを上回るSNSは存在しません。あらゆるデジタル媒体が普及した現在でも、宣伝の為に自身の記事や動画を、ツイートする人は沢山います。 ならばやはり気になるのは、『私の記事や動画は、どんな風にツイートされているの? そもそもツイートされているのか?』。 Twitterで自分のサイトや動画をエゴサーチする方法はとても簡単です。気になる方はどんどんやっちゃいましょう!! Twitterやその他デジタルプラットフォームは、絶えず進化しています。この記事に書いてある事が、既 ...

道で寝る犬

備忘録

2021/1/5

催眠に深く入る為の音声紹介(ほぼ全年齢)

催眠音声で楽しむ方が増えている事を嬉しく思います。しかしながら、催眠に深く入れない、入り方が分からないという方も多いのではないでしょうか? 今回は催眠にかかりやすくする催眠音声や、感受性を高める音声を紹介していきます。 催眠にかかりやすい、かかりにくいという、被暗示性は個人やコンディションに左右されます。この記事に書いてある事を試しても、必ずしも催眠にかかるとは限りません。催眠音声は立ったり歩いたり、何かを運転されている方は、視聴しないでください。精神的な疾患をお持ちの方、精神的な不安を持っている方、体調 ...

備忘録

2021/1/5

リラクやヒーリング、安眠など、実用性が高い催眠音声(全年齢)

近年、催眠音声を聞いている、聞いた事がある、と言う方が増えており、ユーザーとして、ファンとして、とても嬉しく思います。現在は多種多様な催眠音声が存在し、次々と新しい作品が生まれています。 しかしながら、インターネットで"催眠音声"と検索すると、ほとんどR-18がヒットします(作品自体もR-18が多いです)。今回は多種多様な催眠音声の中から、リラクゼーション、ヒーリング、安眠、リフレッシュなど、全年齢で実用性の高いの催眠音声をいくつか紹介します。 催眠にかかりやすい、かかりにくいという、被暗示性は個人やコン ...

『毎日どうでしょう』

グルメ 府中市

2021/1/1

【府中市】高級食パン専門店『毎日どうでしょう』【12/19 OPEN】

府中市新町1丁目に食パン専門店『毎日どうでしょう』がオープンしました。スーパーバリューの道を挟んだ向かいで、人通りが多いとても立地が良い場所です。 私は今回、オープン前の内覧会に参加しました。店舗紹介、商品紹介、製造工程の見学、試食などを行いましたので紹介します。 商品 商品は2種類の食パンと6種類のスプレッドを販売しています。 食パン ・エブリデイ(プレーン 2斤800円) 独自製法のキメ細かい小麦粉を使用した、口どけの良い生地の食パンです。国産バターと発酵バターのブレンドバターにより、芳醇な香りになっ ...

メモリン放置アプリ

備忘録

2021/1/1

『メモリン放置』がBGSで先行配信されている経緯。

着せ替え&リズムゲーム『メモリーズ・オブ・リンク(以下.メモリン)』の姉妹ゲーム『メモリン放置』が発表され、メモリンユーザーをざわつかせました。 #メモリン の姉妹ゲーム#メモリン放置 はついに登場✨事前予約はこちら👇https://t.co/zNArWXVEei 更に抽選で500円 #アマギフ が10名に🎁 応募方法①@memolinhouchi と @memo_link を両方フォロー②このツイートをいいね💓&RT 6/24 ...

Be Gaming Station ログインボーナス

備忘録

2020/10/7

Be Gaming Stationでダイヤを増やす方法。

Be Gaming Station(以下、BGS)もグランドオープンして2か月になります。課金システムも導入され、10月18日には初のゲームイベントを開催します。 ゲームで遊ぶ BGSのゲームはブロックチェーンを用いたゲームで、トークンとして記録されます。ゲームの成績を記録する事で、BGCという仮想通貨を獲得することが出来ます(2020年内に上場予定です)。現在、ゲームの成績をトークンとして記録できるのは4種類16種類です。ただし、今後は全てのゲームがトークンとして記録されると思われる。 BGSでは、トー ...

エッセー 備忘録

2021/1/5

催眠音声でトランスしてたら、幽体離脱した話。

2020年9月22日の朝8時30分頃だった。私は催眠音声を聞き始めた。 まず、催眠音声を知らない人の為に、ザックリと解説しよう。『これ聞くと催眠にかかるよ』という音声作品である。 催眠というとTVのバラエティとかでやっている、胡散臭いものを連想するだろう。残念ながら、あれを真に受けてはいけない。催眠は実在する。だが、催眠にかかるかどうかは、人による。私はかかる方だったし、あなたの友人がかかる方だとしても、あなたがかかるかどうかは知らない。コツがあるかどうかと聞かれれば、どれだけ、心をゆだねられるか?信じら ...

School Days HQ タイトル

備忘録

2021/1/2

School DaysをWindows10でプレイする方法。

School Days.アニメやゲームが好きな方、ネットサーフィンが趣味の方ならば、一度は耳にする作品だろう。もしかしたら『悲しみの向こうへ』や、例のバッドエンドを見た事がある人もいるかもしれない。 私がSchool Daysを知ったのは高校生の時で、アニメを全て見た。そして先日、DLsiteで『School Days HQ』を購入したのだが、導入にとても時間がかかってしまった。なぜなら、Windows10は非対応であり、メーカーのオーバーフローもサポート対象外を公表している。 だが安心してほしい!私はプ ...

府中市の老舗中華店『萬来軒』

グルメ 府中市

2020/9/5

府中市の老舗中華店『萬来軒』

府中市浅間町に『萬来軒』という中華店があります。萬来軒は大正13年、渋谷区に初代店主がオープンしました。2代目や弟子が独立しており、姉妹店が都内に数店舗あります。昭和45年に府中市に移転。現在は3代目の店主が切り盛りしています。歴史ある中華店です。 店内には大きな水槽があり、熱帯魚を観賞できます。また、ギターが飾ってあったりと、自由な気風です。 私は『エビチリチャーハン』と『春巻き』を注文しました。 辛味が強めのエビチリは、それ単品でも美味しいのですが、香ばしいチャーハンと相性が良いです。チャーハンとエビ ...

府中市

2020/9/12

実は発祥の地!?府中市でブルーベリー狩り。

東京都が、ブルーベリーの生産量全国1位と言うのは、意外と知られていない事実である(2位の年もあります)。そして私が住んでいる府中市が、実は日本のブルーベリーの発祥の地と言われています。諸説ありますが、府中市の農工大学の岩垣駛夫(日本のブルーベリーの父、と言われています)が、農工大学の果樹園で、生産開発に関する研究を行ったのが発祥といわれています。因みに、栽培の発祥は、同じ多摩地区の小平市ですが、岩垣駛夫先生の教えを受けた卒業生たちが行いました。 その為、府中市にもブルーベリー農園が多くあります。グーグルマ ...

no image

備忘録

2020/9/27

BGS グランドオープン!!

Be Gaming Station(以下,BGS)は,2020年8月1日、グランドオープンしました。 BGSは“楽しみながら豊になる”をコンセプトにしています。ゲームのみならず、SNSやメディア、AR、VR、バーチャルシティ等の様々なコンテンツで、稼ぐことが出来る総合プラットフォームをめざしています。 3月から始まったプロジェクトは、全て予定通りに進んでおり、8月1日のグランドオープンセレモニーを経てオープンしました!! ゲームで遊ぶ オープンと同時に30個のゲームタイトルも発表されました。いずれも手軽に ...

府中市卸売センターのベトナムフォー

グルメ 府中市

2021/1/6

【移転】府中の卸売センターの『ベトナムフォー』6月にオープンしました。

府中市の卸売センターにフォー専門店の『ベトナムフォー』がオープンしました。2020年末に閉店しました。6ヶ月という期間でしたが、何度か訪れていました。本格的な味で、人気の春巻きは午前で売り切れる事も多かったです。2021年4月に別の場所にOPENするそうです。 フォーとは米粉からつくる平たい麺を、鶏や牛の出汁のスープにいれる、ライスヌードルの一種です。アジア料理と言うと、香辛料やスパイスのイメージが強いと思います。しかしフォーは出汁のスープにネギが入るくらいで、とてもシンプルな料理です。日本人でもすぐに馴 ...

備忘録

2021/1/1

半沢龍之介氏は何者なのか、まとめてみた。

今話題の半沢龍之介氏。しかしWikipedia等の、まとめサイトには載っていません。検索サイトで調べると沢山の情報が出てきますが、全てを見るのは大変です。ですので、まとめてみました!! セミナーで直接お話を聞きましたが、ユーモアのある、情熱的な方でした。 ザックリまとめると 1978年に中国の武漢市に生まれました。 武漢大学(中国のトップクラスの大学)を卒業後、21歳で来日、栃木県の足利大学で情報工学修士号を修得。 日本でキャリアを積み、グリーの中国事業統括ディレクターや新規事業責任者などを歴任。 中国を ...

形を変えるラバライト

備忘録

2021/1/5

自宅で癒しのライトアップ『ラバライト』

まずは動画を見ていただきましょう。 ひょんな事でこのライトの存在を知り、是非とも見て癒されたいと思い、インターネットで購入しました。 ラバライトは、1960年代に制作、販売されました。ラバとは、溶岩という意味で、ゆっくりと形を変える様子から、名づけられました。 下から白熱電球で照らすことで、光と熱を与えます。下からの熱が対流を生み、水の中のワックスやグリッターを、動かします。 光のアートは、当時としては斬新な発想で、世界中から大変な人気を博しました。しかし、多くの偽物や粗悪品も出回る事となりました。現在で ...

-一人旅
-, ,

© 2021 雑多な私の備忘録日記 Powered by AFFINGER5