備忘録

Twitterで自分の『サイト』や『動画』をエゴサーチする方法。

2021年1月3日

『瞬間的な拡散力』において、未だTwitterを上回るSNSは存在しません。
あらゆるデジタル媒体が普及した現在でも、宣伝の為に自身の記事や動画を、ツイートする人は沢山います。

ならばやはり気になるのは、『私の記事や動画は、どんな風にツイートされているの? そもそもツイートされているのか?』。

Twitter自分のサイトや動画エゴサーチする方法はとても簡単です。
気になる方はどんどんやっちゃいましょう!!

Twitterやその他デジタルプラットフォームは、絶えず進化しています。
この記事に書いてある事が、既にできなくなっている恐れがある事を、あらかじめ断っておきます。

<スポンサード・リンク!>
<スポンサード・リンク!>

自分のサイトをTwitterでエゴサーチ。

自分のサイトと言っても、現在では様々なサービスがあります。
レンタルサーバーと独自ドメインで運営しているなら、『WordPress』。
ブログサービスの人は『note』や『Ameba』『はてなブログ』を利用している人が多いでしょう。

独自ドメインブログサービスかで、若干調べ方もかわります。

独自ドメインの人はドメインで検索。

私のこのブログのように、独自ドメインでを利用しているなら、ドメインをTwitterで検索します。
『https://zawabini.com』の『zawabini.com』の部分です(https://を付けると検索できないです)。
.comでなくても、.jpや.net、.orgなど何でも問題なく検索できます。

ドメインで検索すると、そのサイトやブログの全てのページのツイートがヒットします。

Twitterでドメイン検索

私のような1週間に1回くらいしか、ツイートされないサイトなら、これで良いですが、有名サイトのように絶えず取り上げられているサイト場合、膨大な数になってしまいます(自己のトレンドを知るなら別ですが)。
その場合は、ドメイン+パーマリンクで検索すると、特定の記事だけを調べる事ができます(文字が長すぎると、出来ない事もあるので、その時は他と被らないくらいで短くしてください)

Twitterでパーマリンク検索

しかし稀に、ドメインで検索しても。できない事があります。
下記のドメインは、実在しツイートもされているドメインですが、検索に引っかかりませんでした。

Twitterでドメイン検索できない。

なぜ検索できないのかは、理由はわかりませんでしたが、対処方は上記のドメインの方が記事にしていました。

https://amakazusan.net/archives/40179

ドメインで検索できなかった人は、上記を参考にしてください。

noteとかAmebaの人はドメイン+名前で検索

noteやAmebaを利用している方は、ドメイン+名前で検索します。
私はどちらも利用していないので、実在のURLや画像での解説はできません。ご了承ください。

note

noteのURLは『https://note.com/○○○○/◇/△△△△/』となっています。
Twitterの検索で『note.com/○○○○』とすると、調べる事ができます。
個別の記事を調べるときは、◇/△△△△の部分も含んでください。

Amebaブログ

AmebaブログのURLは『https://www.ameba.jp/○○○○/△△△△/』となっています。
Twitterの検索で『ameba.jp/○○○○』とすると、調べる事ができます。
個別の記事を調べるときは、◇/△△△△の部分も含んでください。

なぜ、これで調べられるのか?

URLは簡単に言うと、インターネットの住所です。
例えば『https://■■■■.com/○○○○/△△△△/』というURLがあったとしましょう。
■■■■.comは市区町村、○○○○はマンション名、△△△△は部屋番号のようなものです。

ブログサービスの場合、■■■■.comの部分だけでは、様々な方が利用している為、個人の特定が出来ません。
なので、○○○○の部分までを含めないと個人の記事の検索ができません。

自分の動画をTwitterでエゴサーチ。

YouTubeの台頭により、動画を公開、共有するという人が急激に増えています。
そして、YouTubeの動画を宣伝する為に、Twitterを使用する人が多いです。

なので、YouTubeの動画を、Twitterでエゴサーチする方法を説明します。

YouTubeで任意の動画の再生画面の『共有』を選択します。
そして、URLをコピーします。

TwitterでYoutubeをエゴサーチ

そのURLをTwitterで調べるだけです(検索ができなかったときは『https://』の部分を消してみてください)。
これで自分の動画が、どういう風にTwitterされているかがわかります。

仕組みを知れば応用は簡単。

前述の通り、URLはインターネットの住所です。
それはいかなるサービスであろうと変わりません。

何気なくアップロードしている、記事や動画を少し気にしてみるのも面白いです。

今回はTwitterによる、自分のサイトや動画のエゴサーチの方法でしたが、この方法で他のプラットフォームも調べる事ができます。
エゴサーチは、客観的に自分を知る方法ですので、試してみてください。

-備忘録
-

© 2021 雑多な私の備忘録日記 Powered by AFFINGER5