府中市

実は発祥の地!?府中市でブルーベリー狩り。

2020年8月4日

東京都が、ブルーベリーの生産量全国1位と言うのは、意外と知られていない事実である(2位の年もあります)。
そして私が住んでいる府中市が、実は日本のブルーベリーの発祥の地と言われています。
諸説ありますが、府中市の農工大学の岩垣駛夫(日本のブルーベリーの父、と言われています)が、農工大学の果樹園で、生産開発に関する研究を行ったのが発祥といわれています。
因みに、栽培の発祥は、同じ多摩地区の小平市ですが、岩垣駛夫先生の教えを受けた卒業生たちが行いました。

その為、府中市にもブルーベリー農園が多くあります。
グーグルマップで、府中市のブルーベリー狩りができる農園をまとめました。
https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1lleHTG7N-13sMIAXMRXaWnYTa-5qiWo_&usp=sharing

私は、ルミエール府中のそばにある、『菊正ファーム』に行きました。

府中市のブルーベリー農園『菊正ファーム』

住宅街の一角にあります。
路地裏に面しているので、府中市民でも気づきにくいですね。
駐輪場があります。

品種はほとんどが、ラビットアイ系です。
無農薬で育てています。
客層は、近所の家族連れが多く、子どもが多いです。

2020年は、春に曇りや雨が多かったので、成長が遅く、開店時期も少し遅かったです。

府中市のブルーベリー

料金は、150円/100gの量り売りです。
入園料はありません。

府中市のブルーベリー農園

かなりたくさん採りました。
約1.2Kgです。
これだけ採っても1800円です。
かなりお得です。

子どもが数百円もって、お菓子代わりにというのも出来ますね(昔の私が知っていれば、そうしました)。

府中市はブルーベリー農園が多いので、ぜひ来てください!!

-府中市
-

© 2021 雑多な私の備忘録日記 Powered by AFFINGER5