旅行

ジャパネットクルーズ 5日目 石川県 金沢

投稿日:2018年10月27日 更新日:

2018年10月25日

ジャパネットクルーズ『実りの秋、彩りの日本一週クルーズ』5日目は石川県、金沢です。

注:寄港地は毎回一緒とは限りません。天候によっては、寄港できない事もあります。

オプショナルツアー

・加賀百万石・金沢満喫ツアー

今なお、城下町のたたずまいを残す、長町武家屋敷。藩庭を起源とする日本三名園『兼六園』。重要伝統的建造物群保存地区の、ひがし茶屋街を散策します。

・ひがし茶屋街と近江町市場ツアー

伝統的な茶屋様式の街屋建築が、多く残るひがし茶屋街。市民の胃袋を満たす近江町市場にて、食事とショッピングを楽しみます。

・日本三名園『兼六園』散策ツアー

金沢城の外郭に造営された、季節折々の美しい『兼園六』を散策します。ことじ灯篭や日本最古の噴水など、池泉回遊式庭園の魅力を堪能します。

・白川郷散策ツアー

ユネスコの世界遺産に登録されている、白川郷の合掌造り集落。白川郷を訪れ、集落を散策します。

・輪島と能登半島満喫ツアー

金沢港から輪島の朝市まで、足を延ばします。輪島で散策と昼食をとります。日本で唯一、車が走れる千里浜なぎさドライブウェイを、車窓から臨みます。

・金沢銘酒と加賀懐石満喫ツアー

大正2年創業の加賀の銘酒「春心」で知られる、西出酒造を見学します。創業120年」以上の老舗料亭、金城桜にて加賀のご膳を楽しみます。

・湯ったり和倉温泉ツアー

道の駅能登食彩市場を散策後、北陸の名湯、和倉温泉へ行きます。海の幸と温泉を楽しみます。

・山代温泉と九谷焼美術館ツアー

加賀温泉郷のひとつで、江戸時代から湯治場として栄えた山代温泉にて、昼食と良質な温泉を堪能します。九谷焼美術館も訪れ、江戸時代からの彩色磁器の世界に触れます。

注:オプショナルツアーは毎回一緒とは限りません。

<広告ですよ>




<広告ですね♪>

金沢駅、近江町市場

今回は、ツアーでは無く、自由観光にしていました。

無料のシャトルバスで、金沢駅に行きました。



とってもおしゃれな入り口です。

その後歩いて、近江町市場へ行きました。

歩いて10程でした。

真っ先に見つけたのが、ドジョウの蒲焼きです。生で見たのは初めてだったので食べてみました。


イメージが少し邪魔をしましたが、うなぎの仲間ですね(笑)。

歩いてみると、他にもたくさんの場所で、ドジョウの蒲焼きを売っていました。

その後に食べたのは、生牡蠣です。

臭みが全く無く、とても美味しかったです。祖父と2人で食べましたが、船だから、当たったら怖いという事で、食べませんでした(笑)。

ちなみに、食べた2人は無事です。

近江町市場は新鮮な魚介類が多いですが、少し裏道に入ると、地元の野菜などを売っている、八百屋もたくさんありました。

昼食は、『かいてん寿し  大倉』に行きました。

平日の11時頃にも関わらず、とてもたくさんの人が並んでいました。人気ぶりが伺えます。
質の高い寿司です。回転寿司ながら、目の前で寿司職人が握ってくれます。
とても美味しいお寿司です。

急いだわけでは無かったのですが、スタッフさんに「急がせてしまったみたいで、申し訳ございません」と言われました。
お客さんをしっかり見ていて、とても丁寧な接客でした。

<広告ですよ>




<広告ですね♪>

帰船後

帰船後に時間があったので、船の写真を撮りました。

船の上から夕陽も撮りました。

船の上、海上からの夕陽
船の上、海上からの夕陽です。

船の上から毎日、朝日と夕陽を見ています。
とても綺麗です!

動画です。

<スポンサードリンク>






 

<スポンサードリンク>

-旅行
-,

Copyright© 雑多な私の備忘録日記 , 2020 All Rights Reserved.